副業・自己投資

業界の時間単価を知って、単価の高い世界で働こう! 単価の高い業界はやっぱりココ

ご報告が遅くなりましたが、先日面接に行った不動産会社から不採用の通知が届きました(T_T)

宅地建物取引士
副業 土日・祝日 勤務限定の宅建士の面接に行ってみた。宅建士の資格を取得したので、コレを活かせないかと考えている方、 本業があるので、できれば副業で と考えている方に。 不動産賃貸会社で土日・祝日 勤務限定の宅建士の募集がされていたので、応募してみた話をシェアさせていただきます。...

 

定型文の返信メールだったので、理由はわかりませんが、

  • 宅建免許の更新が必要で、繁忙期に即従事できなかった
  • 年齢は大丈夫と言われたものの、現場(お店)で扱い辛いと判断された
  • この先、不動産投資をするための知識が得られればと思ったりしての応募だったので、その魂胆がミエミエだったw

 

ぜんぜん想像ですが、不採用理由は、こんなところでしょうか(笑)

さて、そんな出来事もあったので、今日は、時間単価という切り口で以下語ってみたいと思います。

時給1,400円は高時給なのか?

私が応募した求人はこんなモノでした。

土日祝のみ 高時給1,400円 宅建を生かした契約事務業務(アルバイト

 

これ、高時給と思われますか?

上述のとおり、不純な?目的での応募でしたので、時給を見て選んだわけでは無いのですが、正直「高時給」とは思えません

 

では、応募したこの会社のみがそうかと言うと、決してそういうわけではなく、概ね不動産系では、このあたりの金額で募集されていることが多いようです。

例えば、

自由に選べる勤務日数/時間 賃貸物件の写真撮影・ご案内業務(アルバイト)

こちらの時給、

これもまったく同じ1,400円なのです。

要は、宅建とかの資格があろうが無かろうが、この程度の時給が標準 という業界なんだと思われます。

カフェ・コンビニの時給でさえこのくらいです

私はいま東京在住ですが、以下近所のカフェベローチェの求人です。

カフェベローチェ求人

宅建士と150円違いですね。

 

では、コンビニバイトの時給はというと、

Kaz
Kaz
夜中の時間帯だと、1,350円〜です。

コンビニでも、こんなに金額を出すのです。

でも人が集まらず、店員さんは外国人の方ばかり です。

 

いま、宅建の学習をしている方に水を指す様ですが、

  • もし宅建の資格で稼ごうと思って学習しているのであれば、カフェの店員さんと150円夜中のコンビニと50円しか変わりません。
  • 不動産の知識をつけて、土地家屋調査士・司法書士・不動産鑑定士 のような、より難関の資格を得て自分の価値を上げようとか、不動産収入を得るビジネスを考えている

というのであれば、アリなのかなぁと、落選した恨みでもなんでもなく(笑)、そんな思いを抱いた次第でした。

 

皆がエンジニアを薦める理由

いま私はWEBやアプリ開発を受託する企業で業務委託として働いています。

プロジェクトの統括をするPM(プロジェクトマネージャ)というのが、一応の肩書きです。※実際は色々な雑務もします

その関係で、フリーのエンジニアの採用(業務委託)に立ち会うことも、ままあります。

その際に紹介されるエンジニアの単価、っていくらくらいだと思われますか?

 

Kaz
Kaz
だいたい、安くて80とか90万円です。

地域によってはもっと安いこともあるでしょうが、東京だとこんなところかと思います。

 

本人の手元にいくら行くかは、契約の形態や、エージェントを挟んでいる場合はその会社にもよりますが、

同じ日本で、働くのも同じ人間。

でも、その所属する世界で、これだけの差が生まれるのです。

  • エンジニアのスクールが乱立していて
  • そうしたスクールのアフィリエイトも多く
  • YouTuberさんがエンジニア職を劇押しする

のも、そういう理由によるところなんだろうなーと思うわけです。

正直ブラックな会社もそれなりにありますが

まだ若ければ、いまは、そして多分これからも当分、

働く業界はIT業界、それもエンジニア職が、お金面だけ考えれば、分がいいでしょう。

転職してステップアップ、なんでもお任せフルスタックエンジニアにでもなれば、フリーランスでも仕事にあぶれることは少ないように感じます。

 

以上、今日は業界と時間単価について、記してみました。