株式等投資

[VTRS]ヴィアトリスの株主に自動的になってた。ファイザー分社化で株式取得

11月17日のファイザーのアップジョン事業部門の分社化を受け、[VTRS]ヴィアトリスの株主になってました。

同日、マネックス証券さんには、

買った覚えのないViatrisという銘柄が残高にある

という問い合わせがコールセンターにあったそうですが、まめにニュースをチェックしている人でなければ、急に銘柄が増えてて、ビックリかもです。

というわけで、本日は、[PFE]ファイザーと[VTRS]ヴィアトリスについて、少し書いてみたいと思います。

配分された株数は?

条件としては以下のとおりでした。

  • 11/16(現地約定ベース)にファイザー株を保有していた者
  • ファイザー株1株につき、ヴィアトリス0.124078893株

小数点がすごいですが、私の場合はファイザーを30株だけ保有していて、配分されたヴィアトリス株は3株でした。

なので、1/10だけもらえたようです。

取得原価は?

取得単価$0-と表示されています。

今日11/20時点で、@$18.86-なので、$56.55-プラスという形になっています。

Kaz
Kaz
なんか、ちょっと嬉しいです。

そもそも何が起こったのか?

「コーポレートアクション」という概念があります。

以下みずほ証券さんのサイトからの引用ですが、

コーポレートアクションとは、有価証券を発行している企業の財務上の意思決定をいいます。

具体的には、株式分割、株式併合、株式移転・交換、合併等が該当します。

このコーポレートアクションの1つにスピンオフがあります。

以下はマネックス証券さんのサイトからの引用ですが、

スピンオフ

発行体である親会社の子会社あるいは事業部門を独立させ、1企業にすることです。
親会社の株主には、保有株数に応じて、子会社の新株が分配されます。

今回はまさにこの状態で、

親会社(ファイザー)の株主であった、私Kazに、子会社(ヴィアトリス)の新株が分配されたわけです。

ヴィアトリスは何をやる会社?

冒頭に書いた、ファイザーのアップジョン事業部門が、ヴィアトリスとして独立した会社になったのですが、

アップジョンってなに??

って感じですよね(笑)

「アップジョン事業」=「特許切れ医薬品事業」

いわゆる「ジェネリック」ということのようです。

 

そう聞くとなんだか少ししょぼい印象を受けるかもしれませんが、

  • 製品数:1400種類以上
  • 2020年売上高:190~200億ドル見込み

と、後発品最大手のイスラエル・テバ社を上回る規模と言われています。

ファイザーの今後は?

ファイザーはOTC部門を2018年の[GSK] グラクソスミス・クラインと合弁会社:GSKコンシューマー・ヘルスケアを設立し、切り離しました。

OTC:Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)=ドラッグストアや薬局、薬店などで販売されている大衆薬

それに引き続き、今回はアップジョンを切り離し、マイラン社と統合した新会社VIATRISを設立したわけです。

 

ファイザーのブーラ会長兼CEOは

新たなファイザーのパイプラインはこれまでにない程に強固であり、私たちは画期的な治療薬の開発を続け、世界中の患者さんに革新的で人生を変え得る医薬品を届けることに力を注ぐ

とコメントしているようです。

要は、革新的な「新薬」に資源・人を集中させるということなんだと思われます。

医薬系が好みの私としては

現在、私のポートフォリオは製薬株でいっぱいです(笑)

海外だけでも、ABBV・AMGN・GSK・MRK・PFEと保有していて、そこに今回VTRSが加わっちゃました。

ファイザーから同じくスピンアウトしたZTSや、医療系に範囲を広げると、ABT・BDX・MDTなどもあるので、

ほんと好きだよねー

という感じですが、

食品と同じで、人が存在する以上なくなることは無い事業領域のように感じます。

各社それぞれ、頑張って配当を落としてくれるので、ジェネリックという分野ではありますが、VTRSにも飛躍を期待しています。

以上、本日はファイザーからスピンアウトしたヴィアトリスについて、お話してみました。