株式等投資

日本のつまらないバラエティ番組より面白い 米大統領選後の株価の行方は?

全世界注目の米大統領選、みなさん、ご覧になっていましたでしょうか?

Twitterで、

みんな自国の選挙より力 入ってない??

と、つぶやいている方がいらっしゃいましたが、日本のつまらないバラエティ番組より、遥かにエンタメでした(笑)。

さて、そんな大統領選の帰趨が見えてきたところで、今日は、今後の株価の行方について、個人的に一番参考にしている方のお話を取り上げつつ、まとめてみたいと思います。

いつもお話を参考にしてる方はこちら

ホリコ・キャピタル・マネジメントの堀古さんです。

日本では、

  • テレビ東京「モーニングサテライト」
  • TBS-BS「Bizスクエア」

あたりに出演されていますが、このほかに全国放送では無いのでご存知の方も少ないかと思われますが、東京MXの「東京マーケットワイド(前場)」木曜日8:30過ぎに、「NYマーケットコール」というコーナーがあり、そちらにも毎週出演されています。

同番組はインターネット放送もしていて、少し前からは、Yahoo!ファイナンスでも紹介されているので、投資をされる方は一度見てみていただければと思いますが、その中でもこの木曜日の朝5分程度のコメントは必聴、かなりオススメです。

ちょうど先週のコメントで

大統領選の1週間前の出演時、こんなコメント(一言一句正確な表現ではないです)をされていました。

堀古さん
堀古さん
もうバイデン候補で決まりです。

 

理由は期日前投票があまりに多く、コレ=すでに記名投票された票を、今から覆すことはできないだろうから というモノでした。

郵便投票分は民主党バイデン候補の票が多いことは、今日も各所で報道されていましたが、今からいくらトランプさんが頑張っても、大勢に影響を与えるには至らず、バイデンさんの勝ちで終わるだろうということのようでした。

そして今朝のコメントでは

民主党が大統領だけでなく、上下両院を制する「トリプルブルー」の可能性を示唆する報道もかなり多かったものの、上院は共和党が過半数を維持する状態にどうにもなりそうです。

これは堀古さんも、可能性としてはかなり低いと考えつつも、マーケットにとっては一番良いシナリオと、密かに望んでいらっしゃったようでした。

というのも、上院が共和党優勢になりことで、バイデン候補が掲げていた

  • キャピタルゲイン課税
  • 法人税増税

というマーケットにとってマイナスに働く恐れのある施策の実施が抑制される一方で、

  • 大統領の鶴の(twitterの)一声で、マーケットが右往左往する様なことも減る

という点を挙げられていました。

そして、最後に。

堀古さん
堀古さん
米国株、今からでも絶対買い!

という力強い言葉で締めくくられていました。

盲信するのはダメですが

え、ほんとにそお??(疑)

というご意見もあるでしょうし、何事も盲信するのは良くありません。

 

ただ個人的には昨日のブログにも書いてみたとおり、

こんな地合いでも米国株は増配続き。だから米国株に投資しない理由はない。みなさん、米国株にはどの程度投資をされていますか? 私の場合日本株は、SBIネオモバイル証券での端株投資がメインなので、 米...
Kaz
Kaz
ココからはある程度はリスクを取って買いに行くところかなぁ

と思っています。

 

みなさま、それぞれ置かれた環境も違うので、全員にとっての正解は無いでしょうが、まずは

そうかー、そういう見解もあるのね

くらいの立ち位置から、じゃあ自分はどう動くか、しばらく様子見する といった結論も含め、一度考えてみる良いタイミングであるのは確かな気がします。

 

以上、本日は、大統領選後の株価の行方について、堀古さんのコメントを取り上げつつ、感じたところを記してみました。