副業・自己投資

Amazon FBAへ初納品。YouTubeの動画では分かりづらかった点などのまとめ

Amazon FBA WEBサイトより

物販事業の検討のため、ただいま色々お試し中です。

その1つとして、Amazonは外せないだろうということで、FBAを体験すべく、チャレンジしました。

やり方は、いろんな方がYouTubeにアップされているので、そちらを複数参考に進めましたが、

  • ちょっと分かりづらかったり
  • ここがポイントと感じた点

などがありましたので、

同じようにAmazon FBAを初体験しようという方向けに、本日はご参考にしていただけそうな点を記してみたいと思います。

まずは梱包までのポイント

ダンボールについて

箱は新品である必要は当然ないため、買うと勿体無いので、近所のお店でもらいましょう!とか ってよく動画でもありますが、正直ちょっとお願いしづらい感もありますよね。

その場合は、例えば自分のマンションとかのゴミ置場に捨てられているダンボールを普段から物色しておいて、適当な大きさのモノを拾っておくと良いかもしれません。

Kaz
Kaz
私も今回拾ったのを使いました!

なお、箱の表面にバーコードが印刷されていたりする場合は、マジック等で、キュキュっと読み取れないように線を引いて(塗りつぶさなくてもいい)やりましょう。

商品に貼るラベルについて

amazonで売っているamazonFBAシールを買って使用しました。

24面/枚40面/枚のモノがあって、YouTuberさんによって推奨が違ったりします。

当然24面の方がサイズが大きくなるので、小さめの商品を出品される方は、40面の方が良いかもしれません。

FBA商品ラベル

40面だと縦3cm、横は5cm強です。

元々商品に印刷されたバーコードを隠すように上から貼る

がルールですが、このサイズでも十分隠れます。

 

梱包について

お客様に直接発送するときは皆さん、プチプチで包んだりとか、OP袋に入れたりとかされると思いますが、FBAではそんな必要はないみたいです。

箱を組み立てたら、あとは送る商品はそのままで、パズルのように可能な限りスペースが空かないように埋めて、もし空間が空いたら、そこだけ新聞紙などで埋める。

そして、詰め終えたら最後に、上部にだけ、また新聞紙などを緩衝材代わりに被せて、蓋をする で大丈夫っぽいです。

これはYouTubeでもよく紹介されていますが、バラバラになる梱包材(発泡スチロールの小さいのがたくさんとか)は、アマゾンさんNGなので注意要です。

 

詰め終わったら、テープでとめて、最後に外箱に「FBA配送ラベル」を貼れば完成です。

このラベルも剥がれないようにテープで貼っておきましょう。

 

出荷はクロネコヤマトの営業所に持ち込みました

「FBAパートナーキャリアサービス」というのがあって、日本郵便さんなのですが、とあるYouTuberさんの「実は高くつく」という情報もあったので、クロネコさんに持ち込みました。

支払いはクロネコメンバーズカードを使用

配送料の支払いは、事前に入手しておいたクロネコメンバーズカード(BIG)を使いました。

右下の銀色のシールがあるのがBIGです。

 

最初に50,000円をカードにチャージしないとダメなのが痛いのですが、宅急便送料の割引率が15%になるのでこちらを選択しました。

ちなみに、自己配送の場合の宅急便コンパクトの箱の購入もこのカードできるので、せっかく作るならこちらをオススメします。

送り状はネコピットで出力

あとは、ネコピットという端末でQRをピット読み込ませて、クロネコヤマトの送り状を出して、箱に貼れば完了です。

ちなみに私は最初、ネコピットのカメラが背面とは知らずアタフタして、お店の方にフォローして貰いました。

なお、メルカリの発送で来店される方は多いものの、FBAの発送の対応は、あまり無い模様で、

外箱の「FBA配送ラベル」の上に、クロネコの送付状を貼られそうになったので、

Kaz
Kaz
あ! そこに貼ると怒られますー

と言って急いで止めました(笑)

 

amazonからは丁寧にメール連絡が来ます

今回は岐阜の倉庫宛だったのですが、amazonさんからは、結構丁寧に進捗のメールが届きます。

メールのタイトルは、

  • FBA商品の搬入が完了しました
  • FBA商品を受領中です

といった感じで、その後、商品が出品される次第です。

 

料金は高いけれど確かに楽です

FBAの場合、注文が入ったら、ほんと勝手に商品が発送されていきます。

「Amazon.co.jp FBA注文の商品発送のお知らせ」というタイトルのメールが届いて、

Amazon.co.jpよりお知らせいたします。

Amazon出荷で受注した注文(***-*********-*******)の出荷が完了しましたのでお知らせいたします。

この下に商品名があって、セラーセントラルで在庫を見ると、商品が1個だけだった場合は、ステータスが「停止中(在庫切れ)」に変わっています

利益のそこそこ取れる商品を、数多く捌ければ確かにこれは有用な仕組みだと感じました。

 

以上、少しでも参考になる部分がありましたら幸いです。