株式等投資

年末に向けて、少し整理・売却をしようと思う株について

11月の大統領選挙後、株式市場は好調です。

日経平均は29年ぶりに2万5,000円超えとかで大きなニュースになっていますが、TOPIXはいまいち、NT倍率も広がっていくばかりな印象です。

それもこれも、日経平均は、ファーストリティリング1銘柄で10%も影響するような、ひどい言い方をするとインチキ指数、ぜんぜん参考になりません。

Kaz
Kaz
800万円もする株、誰が買うねん!

と文句の一つも言いたくなる気分です。

米国株はさほど心配はしていないのですが、日本株は(当然だれにも先のことは分からないわけですが)個人的には、日経平均22,000円くらいまで押すことも想定しておく方が良いかなぁと感じでいます。

というわけで本日は、12月そして来年に向けての銘柄の整理等について、書き記したいと思います。

現状の保有銘柄

数えてみたら日本株は112銘柄もありました。

まあ、全部ほぼ端株での保有なので、大きな金額でないのですが、

  1. こんな時期にもかかわらず配当の見通しを出さない銘柄
  2. 値は戻したものの、もう1回沈みそうな銘柄

このあたりを整理対象にしたいと思っています。

① こんな時期にもかかわらず配当の見通しを出さない銘柄

私のポートフォリオで未だ2021年3月期の配当が未定なのは以下の2銘柄です。

  • [6032] インターワークス
  • [6501] 日立製作所

一緒に並べるのは、日立さんに大変失礼なのですが、[2124]JAC Recruitment が週末に配当維持を発表したので、残り2つだけになっちゃいました。

 

日立は買値も2,880円と利が乗っていることもありますが、子会社の整理など、着実な動きもあり、保有を続ける予定です。

なので、サヨナラするのは、インターワークスですね。

買値467円から全く上がるそぶりも見えず。

とある投資家さんのブログで見て、買っちゃったのですが、うーん、現状では失敗と言わざるを得ません。反省銘柄です。。

② 値は戻したものの、もう1回沈みそうな銘柄

  • [2124]JAC Recruitment
  • [2914] JT
  • [8570] イオンフィナンシャルサービス

この3銘柄ですね。

いずれも端株ながら、株数自体は多めなので、手放すつもりは無いのですが、下がった際のナンピン枠の確保という意図です。

米国株はさほど心配していないと書きましたが

ちょうど昨日の三菱サラリーマンさんのブログで、

SPYD急騰で、意識しておきたい株式投資の心理【一部売却】

という記事を拝察しましたが、

人気の銘柄から、一時はボロクロに言われるに至ったSPYD

上記ブログでも語られているとおり、

個別要因:コロナ以降、良くも悪くも変動率が高い
(=拙著でも触れましたが、長期で持ち続けるには良くも悪くも心理面で影響の可能性

上記引用の太字部分は、私も感じている部分だったりしますので、少し処分をしようかなぁと考えていたりします。

来年のNISA枠のことも考慮中

以下の記事でも書きましたが、

NISA
NISA枠では決して買ってはいけないモノ。今年も残り3ヶ月を切りましたが、皆さん、NISA枠は使い切っちゃいましたか? なので、あと3ヶ月、NISA枠で買いたい銘柄...

日本株を一般NISA枠で購入することは全く考えていないので、現状は売却する想定のない米国ETFで埋めているのですが、ロールオーバー分でいくらかは枠を取られてしまうため、NISA枠の次年度の銘柄選定も合わせ、米国株もSPYDメインに見直したいなぁと考えています。

SBI証券NISAロールオーバーとは?
NISAロールオーバー(非課税期間延長)の案内が来たら、注意点すべき点はただ1つ年末が近づき、今年も証券会社からNISAのロールオーバーの案内が届きました。 実は私、昨年ロールオーバをすっかり忘れて、NISA枠...

 

以上、本日は年末そして年始に向けての、銘柄整理について、個人的な模様を記してみました。