株式等投資

IBMの分社化の扱いについて、マネックス証券さんに聞いてみた。

IBM社WEBサイト

先日、IBMの分社化の発表がありました。

以下、同社プレスリリースより抜粋です。

[米国ニューヨーク州アーモンク – 2020年10月8日(現地時間)発] IBMは本日、お客様のデジタル変革を促進するためにハイブリッドクラウドの成長戦略を加速することを発表しました。さらに、IBMはグローバル・テクノロジー・サービス事業のマネージド・インフラストラクチャー・サービス部門を新しい公開会社として分社化します。これにより、お客様や株主にとっての価値を高めるための戦略と柔軟性を備えた、業界をリードする2つの企業が誕生することになります。

今回の分社化は、IBMの株主には非課税の分離新設として実施され、2021年末までに完了する予定です。

 

私も、ほんの少しながらIBM株をマネックス証券さんで保有しているのですが、ちょうどいま株価急落で拾い時な気もしつつ、上記の件もあり逡巡中。

というわけで、またまたマネックスさんに問い合わせをしてみた次第でした。

まず、IBMのやろうとしていることを簡単に

IBMは100年以上にわたる歴史のある老舗の企業です。

現在同社の製品・サービスは、大きく分けて4つの領域で構成されています。

  1. システムズ事業メインフレームなどのハードウェアを扱う
  2. クラウド&コグニティブ・ソフトウェア(C&CS)事業:クラウドサービスおよびソフトウェアを扱う
  3. グローバル・ビジネス・サービス(GBS)事業:顧客事業の観点でコンサルティングやBPO、システム開発・保守サービスなどを手がける
  4. グローバル・テクノロジー・サービス事業(GTS)事業:製品保守とインフラのマネージドサービスを行う

 

この内、今回の分社化の対象は、④のGTS事業の一部になります。

なにをやろうとしているかと言うと

ざくっと言うと、この部門は「ITインフラの構築・運用」を請け負うのですが、その際の選択肢として、他社のITインフラを組み合わせたハイブリッド/マルチクラウドにも対応しようとしている模様です。

要は、IBMの製品やサービスも引き続き取り扱うものの、

Amazon Web Services(AWS)Microsoft Azureなどの競合製品もカバーする

ということです。

IBMともパートナーシップを結んで、同社提供のITインフラの管理等を担うことにより、IBMの既存顧客も維持しつつ、他社製品のユーザー企業を新たに獲得し、収益の拡大を目指すということを狙っているようです。

新会社はIBMの連結対象から外れます

分社化は、会社の一事業部門を分離独立させ子会社を作ることを指しますので、通常は、子会社の株は親会社の株主(例えば私たちIBMの株主)に分配されます。

分社の場合、

  • スピンアウト:元の組織や会社との関係が切れるもの
  • スピンオフ:元の会社の支配下にはないが関係を持ち続けていくもの

に呼称を分けたりするようですが、上記内容から、今回はスピンオフということになりそうです。

 

さて、前置きが長くなりましたが、では今回のIBMの場合どうなるのか?

「2021年末まで」なので、まだ1年先と、ちょっと気は早いのですが、買い増しのこともあり、マネックス証券さんにお問い合わせをしてみました。

マネックス証券ご回答①

私の聞き方が悪かったこともあり、結果2回に分けてのお問い合わせ・ご回答となりました。

初回ご回答

現時点での報道では、IBMの分社化の発表がございましたが、具体的な日程など詳細については未定です。

分社化ということになれば、一般的にはスピンオフといった形でお客様の保有株数に応じて、新会社の株式が割当てられるかと存じますが、詳細は未定となります。

実際のコーポレートアクションは、ウェブサイトの最新情報などでご案内をいたしますので、こちらのご案内をお待ちいただきますようお願いいたします。

要は、1年も先なので、そんなこと今聞かれてもわかるわけ無いじゃん(笑)ってことかと思います。

聞きかたっかことは?

実は聞きたかったのは、「特定口座」から「一般口座」へ払い出しが行われるのでは? という点についてで、その回答をマネックスさんからいただきたかった次第でした。

というのも、

SBI証券の場合

お客さまが特定口座で保有されている外国株式で、スピンオフ、買収・合併(株式交換・現金交換等)、ライツイシュー、資本返還、ETFにおけるキャピタルゲインの配分等の権利処理が発生した場合、当該株式残高は一般口座に振替えられます。

<以上SBI証券WEBサイトより引用>

 

楽天証券の場合

特定口座で保有している外国株式は、コーポレートアクションが発生した場合、内容によっては一般口座に払い出した後、コーポレートアクションの手続きが行われます。

<以上楽天証券WEBサイトより引用>

といった表記が、SBI証券・楽天証券ではあったため、私がIBM株を保有するマネックス証券での扱いを確認したかったのでした。

マネックス証券ご回答②

私の聞き方が悪かったにもかかわらず、丁寧にご回答をいただきました。

新会社の株式が割当てられる(スピンオフ)場合、そのケースによって異なりますので、
現時点では、お答えできません。

特定口座から払出しとなる場合もございますので、予め、ご理解いただきますようお願いいたします。

との回答でした。

他の証券会社の記載にも鑑みると、払い出しの可能性は高そうですね。

一般口座でも問題はないのですが

ご存知の通り、「特定口座」にすると、証券会社さんに方で、毎年きちっと損益等計算してくれて、確定申告用の資料も準備されるわけですが、一般口座だと、これを全部自分で行う必要があります。

Kaz
Kaz
外国株だと為替も絡むから面倒。。

なんですよね。

まあ、まだ1年あるので、その間に考えますが、

場合によっては一度売却して、その後、IBMは配当目的で購入している株なので、配当利回りを見ながら買い直す

のもアリかなぁと思っています。

以上、本日はIBMの分社化に伴う保有株の扱いについて、マネックス証券さんへ問い合わせした回答をまとめてみました。

 

マネックスさんはきちっと回答が来て、顧客満足度としては高いです。以下過去に問い合わせした内容をまとめた記事になります。

3事例ご紹介:マネックス証券のお問い合わせ対応は、毎回きちっと答えてくれます米国個別株については、私はマネックス証券をメインで利用しているのですが、 米国株投資では老舗なこともあってか、取り扱い銘柄数も多く...

分社後もIBM本体には、過去に買収したRed Hatをはじめクラウド関係にサービスは残ります。以下は、よく聞くけど、いまいち良くわからないクラウドについての記事です。

クラウドサービスの「クラウド」ってよく聞くけど、いまいち分からないって方へクラウドと聞いて、いまひとつピンとこないという方に、アマゾンやマイクロソフトやグーグル、そしてIBMなどが手がけているクラウドサービスにも触れつつ、お話をしたいと思います。...