株式等投資

企業の確定拠出年金で保有している金融商品はそのままiDoCoに移せるか?

企業の確定拠出年金で保有している金融商品はそのままiDoCoに移せるか?

といった話題がtwitterで流れていましたので、ついつい口出してしまいました。

正確なところは、

Kaz
Kaz
運用先の会社に確認!

が一番なのですが、以下私のケースについて、まとめてみましたので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

確定拠出年金の説明を簡単に

以下、WiKipediaからの引用です。

確定拠出年金(DC:Defined Contribution Plan)

2001年(平成13年)10月1日から掛け金の運用が始められた。

「日本版401k」とも言われ、<中略>現役時代に加入者が掛金の金額を指定して納め(拠出)、その資金を加入者の指示で運用した結果の総金額が老後の受給額として支払われる。<中略>その性質上、将来の受給額は未定かつ変動する。

よく「DC」という略称が出てきますが、iDeCoは上記の個人版ということで、

individual-type Defined Contribution pension plan

とうのが正式名称、一方、企業のDCの方は、企業型DCと呼ばれていたりします。

 

特徴としては、以下のようなところです。

  • 自分で運用する商品と金額を決めて(=加入者の指示という部分)
  • 運用してもらう(=運用するのは自分の会社が契約した先)
  • 運用により結果(=受給額)が変わる(「確定給付年金 ※給付される額が決まった年金」ではない)

 

私が退職した企業でも、途中からこの制度が導入され、従業員向けの説明会が実施されました。

その後、その時点までに企業が保有していた年金用の原資を、DCに移管するので、その原資の金額で購入する(投資する)商品を、自分で選択するような手続きを行いました。

移行時のポイントは?

  • 企業型DCで取り扱っている商品
  • iDeCoの商品

これが異なっている点にありました。

ですので、私の場合は上述の企業の委託先がニッセイさんだったのですが、同じくニッセイさんのままiDeCoにする場合も、

ニッセイさん
ニッセイさん
一度売却が必要です。

との説明があったような次第です。

で、どうしたかと言うと

こちらの記事で書いた内容と重複するのですが、

企業型DCからiDeCo移管
退職して企業型DCからiDeCo口座に損をしないで移行するポイント。ニッセイ→楽天への実例 私が2009年まで勤めていた会社では企業型確定拠出年金(企業型DC)が導入されていました。 退職した場合、以前は、 すで...
  1. 利益が相応が出ている場合は一度その利益を確定させる
  2. 具体的には、投資商品を値動きの無い定期預金に変更スイッチング
  3. その後に移管

という流れです。

理由は、

移管に時間がかかる→その期間の値下がりリスクをヘッジする

という点にありました。

当然その期間に値上がりした場合は、その恩恵を享受することはできなくなりますが、

  • いつ移管が完了するかがわからない(そうです)
  • 将来の相場変動もわからない

ので、無難な線を選択すると、こんな感じになった次第です。

移管した定期預金はどうするか?

これは、その方の年齢などにより、まだまだアグレッシブに行くのか等にもよると思いますが、私の場合は、結局、定期預金のままにしています。

上述の記事にも書いたとおりなのですが、

Kaz
Kaz
ニッセイさんの信託報酬と商品が。。。

だったため、いまは楽天証券の定期預金の商品である「みずほDC定期預金(1年)」で保有しています。

定期預金なので、1年に一回利子がつくだけ ですが、投資信託のように値動きに一喜一憂することはありません。

 

アグレッシブに行く場合は、

この定期預金を他の投資商品にスイッチング=これまでに積み立ててきた資産の商品構成などの変更

を行って、例えば楽天VTIにする といったことも可能ではあるわけです。

 

以上、本日は確定拠出年金とiDeCoについて、個人の経験になりますが、記してみました。