節約

サラリーマンを辞めて1番思うこと。国民健康保険が高い!nanaco払いで少しでも得しよう!

サラリーマンを辞めて1番思うこと。

Kaz
Kaz
国民健康保険料ってこんなに高いの?!!

です。

ほんと、「なにコレ?」って絶対思います。

会社勤めの時は、月々の天引き、かつ健康保険料は会社と折半なので、あまり感じていなかったものの、1回あたり数万円を年間10回払うのって、かなり堪えます。。

 

日本の場合、健康保険制度が充実しているから、一般の保険はほぼ必要ないよ って言われるとおりだと思うので、この金額も仕方ないのかなぁとは思います。

でも、少しでもお得に支払いたく、ネットで色々調べて、いまはセブンイレブンでnanaco払いにしています。

ただ1ヶ月に1度だったりするので、たびたび「あれ、どうするんだっけ?」になっちゃうもあり、今回は個人的な備忘録も兼ね、以下まとめてみました。

事前準備① カードの入手

WEBで検索すると、色々細かな情報が載っていますが、以下では私がやった現状1番ベストと思われる方法のみご案内させていただきます。

nanacoカードは無料で入手しよう

発行手数料:300円が本来は掛かるのですが、以下の方法であれば無料でゲットできます。

  1. セブンイレブン → キャンペーン(300円相当のポイント付与)実施中のときにレジで申し込み
  2. イトーヨーカドー → 8・18・28日の「8がつく日」に、サービスカウンターで申し込み

 

  • 普通のnanacoカードを入手すること

「普通のnanaco」とは、「nanacoモバイル」や「セブンカード・プラス(nanaco一体型)」はダメという意味です。

①または②の方法であれば、普通のnanacoがもらえるので、必ずどちらかの方法で入手しましょう。

 

リクルートカードを入手しよう

リクルートカードを持っていない場合は新規に申し込んで入手しましょう。

Yahoo! JAPANカード、セブンカード・プラス、ファミマTカードなど紹介しているサイトもありますが、現状リクルートカードの場合、還元率1.2%とダントツなので、もうこの一択でいいと思います。

2種類のリクルートカードを用意するとなお良し

リクルートカードは、次の3種類存在します。

  • リクルートカード(JCB)
  • リクルートカード(VISA)
  • リクルートカード(MASTER)

この内、VISAとMASTERは両方持てないので、

  1. リクルートカード(JCB)+リクルートカード(VISA)
  2. リクルートカード(JCB)+リクルートカード(MASTER)

の組み合わせで取得すると、なお良しです。

 

理由は30,000円という上限があるため

なぜ2枚かと言うと、現在最強のリクルートカードですが、以下のような制限があるからです。

  • 貯まるのはクレジットカードのポイント ※nanacoポイントではない
  • リクルートカードからのチャージでポイントが貯まるのは月3万円まで

以下ルクルートカードWEBサイトからの引用です。

■複数枚のリクルートカードをご利用されている場合
それぞれのカードで、月間30,000円までがポイント加算の対象となります。
※リクルートカード(リクルートカードプラスも含む)は、お一人様につき各発行カード会社(Mastercard(R) / Visa:三菱UFJニコス株式会社、JCB:株式会社ジェーシービー)1枚ずつしか発行ができません。

 

支払いが30,000円までの方は、1枚でも何の問題もありません。

ただ、

  • 健康保険料以外に、住民税や固定資産税、自動車税も支払っている

という場合は、30,000円内では収まらないですよね。

その場合は、上記いずれかの組み合わせでの2枚持ちをオススメします。

 

申し込みはポイントサイト経由で

なお入手にあたっては、できればポイントサイト経由で申し込みましょう。
大概JCBブランドのみですが、数千円の報酬がもらえますので、経由しない手はありません。

  • リクルートカードを、ポイントサイトから申し込む

 

事前準備② カードの認証・登録

さて、nanacoとリクリートカードを入手したら、クレカからnanacoににチャージするための事前準備を行います。

クレジットカード会社側のサイトで本人認証

クレジットチャージ(入金)の利用には、

本人認証サービスに登録済みのクレジットカード

である必要があります。

そのため、クレジットカードの発行会社の各サイトで所定の手続きを行います。

リクルートカード(JCB)の場合

MyJCB新規登録」から案内通りに登録すればOKです。「My JCB ID」と「My JCBパスワード」を次で利用するのでメモしておきましょう。

リクルートカード(VISA・MasterCard)の場合

三菱UFJニコス新規登録」からの登録になります。ここで発行される「WEBサービスのID」と「パスワード」を次で利用します。

 

 

クレジットカード登録しnanacoと紐付けする

クレジットカード本人認証手続きが終わったら、今度は

nanacoのサイト側でクレジットカードの登録手続き

を行います。

なにを行うかというと

以下2枚持ちを例にご案内すると、わかりやすいように思いますので、それを前提に記載しますと、

nanacoと紐付けできるクレジットカードは「1対1」

そのため、

  1. nanaco(1枚目)+ リクルートカード(JCB発行)
  2. nanaco(2枚目)+ リクルートカード(MasterまたはVisa発行)

のように、nanacoと、それにチャージするクレジットカードをサイト上で登録する作業を行うわけです。

※1枚持ちでもこの作業は必要です。要はnanacoにどのクレジットカードからチャージするのか登録しないと使えないのです。

 

一見難しそうですが、実際はそんなでもありません

以下の点に留意して進めれば全然大丈夫です。

  1. 新規でnanacoカードを発行した人は10日後の朝6時から登録可
  2. 電子マネー nanaco 【公式サイト】からログイン後、クレジットの事前登録に進む
  3. 途中、クレジットカード会社のサイトで発行された上述のIDとパスワードで認証を受ける
  4. 登録完了したら「クレジットカードチャージパスワード」を忘れないように覚えておく

この紐付け(登録)完了後、24時間経過後からクレジットカードチャージができるようになります。

 

いよいよチャージして支払い

  1. nanacoカードにチャージ(センター預かり)
  2. セブン銀行のATMで「残高確認」
  3. レジに行ってお支払い

以上の流れで支払いします。

nanacoにチャージ

上記の電子マネー nanaco 【公式サイト】からチャージが行えます。

  1. nanaco番号とカード記載の番号でログイン後、会員メニューから「nanacoクレジットカードチャージ」をクリック
  2. 上で忘れないでと書いた「クレジットチャージパスワード」を入力
  3. 入金を選んで、金額(30,000円まで)を入力し、申し込みをクリック

※上述のとおり、3万円までにするのが、大切なポイントです。

 

ただし、このままでは、まだ支払いができません。

「センターお預かり分」として、入力した金額のチャージが完了したのみ

だからです。

まだnanacoカードそもそも(物体)には入ってないため、nanacoカードに実際に移す作業が必要になります。

センター預かりをnanacoに移す

レジで店員さんにお願いしてもOKですが、話し掛けるのが面倒くさいと思うので、店内のセブン銀行ATMでやってしまいましょう。

  1. ATM画面上の「nanaco」ボタンを押す
  2. ATM のリーダーライター(画面右に置くとこがあります)にnanacoカードを置く
  3. 「残高確認」を選ぶ

これで入金したお金がnanacoカードで利用できるようになります。

支払い

レジに行って、納付書を出してnanacoで支払いと言えば、レジのnanacoのところがピカピカするので、カードを当てれば支払い完了です。

納付書は現金払いに時と同じように、ハンコをポンポン押して、控えを返してくれるので受け取りましょう。

これで無事終了です!

 

注意事項

以下2つだけ挙げさせていただきました。

注意①:支払い日時(集計期間)に注意

上述した30,000円の上限ですが、月単位ではありません。

以下リクルートカードWEBサイトからの引用です。

月間集計期間は毎月16日~翌月15日となります。

ですので、この集計期間内に、同じカードで30,000円以上、チャージしてもポイント加算がされなくなりますので、要注意です。

注意②:カードの組み合わせに注意

これは2枚持ちの方のみ該当しますが、紐付けしたカードの組分けが分からなくならないように注意しましょう。

ちなみに私の場合は、nanacoは別デザインのカードにして、かつ、リクルートカードとこんな風に輪ゴムでくくってます(笑)

得られるポイントは微々たるものですが

どっちみち支払わないとダメなモノですので、たとえ少額でもお得に支払いましょう。

ちなみに私の場合、貯まったリクリートポイントは、現状、ホットペッパービューティーで、髪の毛を切りに行った際に利用しています。