節約

「節約」の宿敵、期間限定・特典・SALEを強い気持ちで跳ね除ける考え方

フェリージ下取りキャンペーン

フェリージから「TRADE-IN CAMPAIGN」というインビテーションカードが届きました。

ここ1,2年は心を入れ替え(笑)、「お金を生む出す資産になるモノ」にしか、お金は使わないようにして来たのですが、以前は本当によく買い物をしていました。

いわゆるブランドモノも、よく買っていましたね。

でもいまは全く買わなくなっちゃいました。

 

当時の名残で、こういったインビテーションのハガキやメールは、今でもちょくちょく届くのですが、そのたびに、

Kaz
Kaz
あー、たくさん浪費していたなー。金の卵を産むニワトリや、お金のなる樹を買っておけばよかったなー。

と思ったりします。

というわけで本日は、よく言われていることですが、お買い物に際してのTipsをまとめてみました。

書いたい気持ちが生じた際の3つの問いかけ

次に挙げる3つについて、考えてみましょう。

それは本当に欲しいモノなのか?

「安い」ことが理由になっていませんか?

上掲のフェリージのインビテーションには、

期間中、ご不要になったバッグや財布(ブランド問わず)をお持ち込みいただき、その場でフェリージ製品をお買い上げの場合、税抜き商品代金から10%OFFさせていただきます。

<以上カードの記載から引用>

と書かれています。

 

もしかして、マーケティングにまんまと乗せられて「安いと見せかけられているだけ」かもしれません。

いくら安くてもお金が出ていくことに変わりはないのです。

欲しいと思う理由はなんなのか?

他の人が持ってたり、見せびらかしたいような気持ちがその根本にあったりしませんか?

人間なので、見栄とか、他人に対する羨望とかが生じるのは仕方ないところでもありますが、それが欲しいの理由になっているのは望ましくありません。

いま一度立ち止まって考えてみるのは大いに大切です。

その欲しいかった時の気持ちは、購入した後も継続するか?

購入したものの、タンスの肥やしになってるなんてことは、誰しもが一度は経験したことかと思います。

買って満足!

だったら、それは買う行為自体=欲っしていたこと で、対象はもしかしたら何だって良かったのかもしれません。

手元には、実は特段欲しくなかったモノが残っただけ では少々残念です。

手に入れた後の姿や活用している様子を思い浮かべて、買うことが目的になっていないか、考えてみるのが肝要です。

 

買わないことが習慣化

とは言え、

  • 若い頃欲しかった時計が
  • ユーズドで手が届く値段で売られていて
  • 身につけるととても心地よい気分に充ち溢れる

と言ったことであれば、それは「心の資産」になるものかもしれません。

なので、決して、節約第一、資産にならないものは何一つ買ってはいけない、と言うつもりはありません。

だんだん快感になってくる

ただひとつ感じることとして、

買わないことを続けていくと、それが快感になってきて、逆に購入することが快感で無くなってくる

なんてことが起こってきます。

今年大流行りになった「楽天ポイントせどり」を始めた方が、せどりのための品とは言え、購入という行為をすることには変わりないという点で、

ストレスの発散にもなります!

という書き込みをされていたのを目にしましたが、

「買わないことが快感」は、「買い物がストレスの発散」になる のまさに逆バージョンですね。

 

三菱サラリーマンさんや、Hiroさんのブログ

は私の愛読ブログですが、お二人からもそんな香りが漂ってきます。※実際に買わない快感のような話を書かれていたかもです。

 

私自身はミニマリストではありませんし、基本モノ好きです。

なので、投資でいうところの「資産」には当たらずとも、少なくとも「自分にとっては価値のあるモノ」は、これからも購入していきたいと思っています。

 

節約に関する著名人の発言をまとめた記事です。買わない快感の件にも少し触れてます。

「節約の極意」5選 著名人の発言から自身の体験まで。コロナショックもあり、すっかり節約モードに入った方。節約しなきゃと思ってる方へ。書籍やネット、YouTubeなどで、語られている「節約の極意」について、納得感があったり、実践して、「これは確かに!!」と感じたモノを5つご案内します。...

最近の「断捨離」活動についてまとめた記事です。

断捨離
お金を生む「断捨離」を目下進行中です人生の残り時間を最近頓に感じるようになり、選択・集中、そして俗に言う断捨離を進行中です。 というわけで、本日は最近行った、まあ小銭...