株式等投資

株価急落時に「絶対したらダメなこと2つ」と「すべきこと1つ」

日本の連休を狙ったかのような、「円高・米国株の暴落」って、ほんとあるあるだと思うのですが、

今回も、コロナのせいでGW・お盆に我慢、

そこで溜まった外出したい気持ちが解放されたであろう この4連休に、

  • ドル円は104円台
  • 米国株も大きめの下げ

と、投資家の心を揺さぶる動きが見受けられます。

というわけで、本日はあらためて、あちこちで言われてることですが、

  • こんな時に絶対やってはいけない事
  • 逆にすべき事

をまとめてみました。

こんなひとに読んでもらいたい

  1. SNSで流れる情報に翻弄されそうな方
  2. コロナの暴落後に投資を始めたくらいの方

 

私自身も年を取ってるだけで、投資で失敗することもほんと多々ありまし、

また、どう判断し動くかは、当然最後は個々人の問題ですが、

参考になりましたら幸いです。

まず前提条件を3つ

「絶対やってはいけないこと」と「すべきこと」をお話する前にまず、前提条件を3つご案内させてください。

① まだ全然暴落とかではないので落ち着きましょう

以下のチャートをご覧ください。

< google検索結果より引用>

  • 3/23の最安値:18,591.93
  • 9/2急回復後の高値:29,100.50
  • 9/21昨日の900ドル超えの下落後、-509,72まで戻した最新値 27,147.70

 

どうでしょう?

こうやって俯瞰して見ると、まだ全然大丈夫なのが分かるんじゃないかなぁと思います。

もしこの後30,000を超えたりしたら、

評論家さん
評論家さん
まあ、いい調整でしたね

って、評論家さんが言いそうなレベルだと思います。

 

なので、まずは落ち着きましょう!

② 未来のことはどんな著名投資家でもわからない

昨日もtwitterで、

[NKLA] ニコラの問題で大変なことになるかも・・

と、初心者をことさら不安にさせるような投稿を見ましたが、

著名なインフルエンサー然り、証券アナリストのようなプロの方でも、この先どう株価や為替が動くかなんて、わからないのが普通です。

あのウォーレンバフェット氏でさえ、この春先からの投資行動には、??って感じてしまう部分も少なからずあるくらいです。

いろいろな形で情報を得るのは全然良いと思うのですが、

いずれも、結果的に正しいかもしれないし、正しくないかもしれない

ので、個々の情報に踊らされたりしないように留意しましょう!

③ 余裕資金で投資してるか再確認!

生活防衛資金はきちっと確保して、投資は行わないとダメですが、大丈夫でしょうか?

余計なお世話だー!

と言われそうですが、もし、余裕資金でないようでしたら、それは無茶です。

もし昨日の900ドル超の下落に接して、想像以上にストレス・ダメージを感じか方は、キャパオーバーな可能性が高いです。

該当しそうな方は、一刻も早く投資に当てる資金を見直しましょう!

やってはいけないこと・すべきこと

それでは以下、「絶対やってはいけないこと」と「すべきこと」です!

絶対やってはいけないこと①

積み立てを止めてしまう

積立のメリットは言うまでもなく、ドルコスト平均です。

  • 高いときは少なく
  • 安いときには多めに

積立ができるのがポイントなのです。

なので、こういった場面で止めてしまうと、安い時に仕込めなくなってしまうのです。

  • 無茶な額を積み立てしてない
  • 自分のリスクが取れる状況に変化がない(結婚したり、子供できたり等してない)

のであれば、「続ける」が肝要です。

 

やってはいけないこと②

「狼狽売り」は一番最悪!

上述したニコラの件でも、

成り売りすべきでしょうか?

といった声が結構あったみたいですが、狼狽売りは厳禁です。

 

証券口座の画面が、マイナスだらけになって行くのは、かなりショックだと思います。

もう見たくない!!!

という気持ちも、とってもよくわかります。

結果的に

売ってしまってよかったー

というケースもあると思いますが、

そもそも、狼狽売りを誘発しそうな株式に、初心者のうちは手を出さない

「投機」ではなく「投資」「短期の利ざや稼ぎ」ではなく「長期での資産運用」を考えているのであれば、コレが正解だと思います。

 

当然、「投機を承知で、短期狙いで勝負する」というのもアリですが、

  • なにを目的にこの株を買ったのか?
  • そことズレが生じていないか? 

は、確認してみましょう。

 

絶対すべきことは

ただひとつ。

投資の世界で『生き残ること』

です。

 

凡人が投資(投機ではなく)でお金持ちになる方法は、長期投資です。

ダウが市場最高値を更新したのは、今年の2月、ほんのこの間です。

こんな短期間で判断するのって、超短期・超短気です。

 

評論家は色々と言います。

簡単に手の平を返します(笑)

後付けで理由を述べたりもしますが、上述したとおり、相場の未来は誰にも分かりません。

 

冷静に、資金管理し、経験し、投資スキルを磨き、

無茶な投資に走らず、コツコツと、

この先もずっと投資の世界に生き残ることをまずは考えて、臨みましょう。

 

まとめ

  • まずは落ち着きましょう
  • 者の言葉に踊らされないように留意しましょう
  • 投資資金が自分にとって適切か、再確認しましょう
  • 積み立て投資は止めないで続けましょう
  • 狼狽売りは絶対止めましょう
  • 一番大切なのは、投資の世界で「生き残ること」

本日は以上です。ではまた、22:30開始の米国市場を楽しみに待ちましょう!