節約

楽天銀行の「資金お引越し定期」の利率がどんどん下がって、お得感 消失中な件

楽天証券と楽天銀行の両方とも利用されている方は、

マネーブリッジ」のサービスを申し込まれているかと思います。

ただ、「資金お引越し定期」というのは、あまり知られていないように思うのですがいかがでしょうか?

というわけで、今日は同サービスの紹介と、不満の訴え(笑)をお届けします。

マネーブリッジ」をかんたんに説明すると

楽天銀行と楽天証券を連携させると、普通預金の金利に、0.1%の優遇金利が適用されるよっていうサービスです。

 

口座開設は当然無料ですし、デメリットは無いので、特に「証券会社での取引等考えていない場合でも」、申込・設定されることをオススメします。

楽天銀行 マネーブリッジ(銀行口座・証券口座連携サービス)

https://www.rakuten-bank.co.jp/assets/intermediation/moneybridge/

優遇金利0.1%適用開始は申し込み翌月から ※前月末終了時点でマネーブリッジの申込手続きが完了しているお客さまに対して、当月一ヶ月間適用されます。

 

さらに「資金お引越し定期」というサービスもあります

楽天銀行では他にも定期預金金利がアップする「資金お引越し定期」というサービスを提供していています。

なにがお得かというと

他の金融機関の「自分名義の口座」から、楽天銀行の「自身の口座」に振込がされた場合、その金額(最低お預入金額:1,000円)について、優遇金利が適用されるというものです。

楽天銀行WEBサイトより

 

上記マネーブリッジでは、0.1%だった金利が、この資金お引越し定期には、マネーブリッジよりも少しだけながら有利な金利が適用される次第です。

資金のお引越し方法は?

とはいえ、折角優遇金利が適用されても、資金移動に手数料がかかってしまうようでは本末転倒です。

そこで私の場合、ゆうちょ銀行の口座を媒介に使って入金しています。

この方法で入金すると、手数料もかからないので、休日が介在するかどうかにもよりますが、遅くとも翌々日くらいには、楽天銀行から入金がありましたメールが届きます。

定期預金への申し込みは

入金は普通預金口座にされるので、メニューから円預金→通常定期預金を選択。

定期預金画面

画面を見ると、通常定期預金の隣のタブに上のように「おすすめ」と書かれた「資金お引越し定期預金」のタブがありますので、そちらを選択すると、「0.11%」という欄が現れます。

マネーブリッジが0.1%なので、わずか0.01%、かつ1ヶ月だけですが、イールドハンターになった気分で、「資金お引越し定期の預入」ボタンをタップしましょう。

満期になったら

預け入れ時に以下の3種から選択する必要があるのですが、

  • 元利自動継続
  • 元金自動継続
  • 満期自動解約

上の2つは、「同期間の定期に継続」なので、必ず「満期自動解約」=元金と利息を合算した金額を普通預金口座に入金 を選択しましょう。

理由はシンプル。

「同期間の定期に継続」よりも「マネーブリッジ」の金利の方が高いから です。

金利がどんどん低下中。。

実は1年くらい前までは、資金お引越し定期の利率は0.21%だったのです。

それが今年の前半に預けようとしたら、

なんと0.13%に超劇下がり、さらに今回、預けようとしたところ、上述のとおり

と、さらに下がって、なんかもう、微妙なサービスになって来ました。

世知辛いです。

最後にひとこと

各社とも、いまあの悪名高い「リボ払い」に、優しそうな名前をつけて、必死に勧誘している印象です。

低金利下が続き、銀行業務はほんと苦しいんだと思いますが、1ヶ月だけの金利ですし、「定期預金」という名称をつける以上、もう少し頑張って欲しいなぁと思うのでした。