株式等投資

今回はどこまで掘り進むのか? ドル安円高の際にいつもやってること2つをご紹介

またドル円が103円台に突入しました。

今回はどこまで行くのか?

先日、モーサテで円安に向かう話をしている専門家の方?がいらっしゃった記憶がありますが、株価同様、為替も全然先を読めるものではありません。

と言うわけで本日は、基本、円高目線の私が、こんなドル安円高局面でいつもやっている事を2つご紹介したいと思います。

①1000通貨単位でのFX売買

FXはギャンブルなので投資じゃ無いよ派の私ですが、もう金輪際、高金利通貨に手を出すことはないものの、

トルコリラ円をとうとう損切り、FXの損益通算に備える以前、以下の記事でお話していたトルコリラ円の持分をとうとう処分しました。 https://bo-to.life/try-jpy_f...

ドル円の円高局面だけ、いつもワイジェイFXで取引をしています。

取引単位は?

ワイジェイFXなのには理由があって、注文数量が「1000から可能だから」だけです。

  • ギャンブルには違い無いので少額
  • リスク低めのお小遣い稼ぎ

といったところです。

こんな風に指してます

先ほど少し追加しましたが、こんなレベルです。

前回の103円時のモノだったり、さらにその前に指しているモノが、「無期限」にしているので、残っています。

刺さって跳ね返ったら利確

刺さったらメールが届くので、あとは反発したら、割とすぐに利確。

なので、ぜんぜん大きな収益にはなりませんが、負けはいまのところありません。

利確したあと、また指値を入れたりして、複数回取引する感じです。

②住信SBI銀行でドル積立

これも普段から設定をしているモノなのですが、住信SBI銀行の外貨積立でドル積立をしています。

  • 購入上限レート
  • 1回あたりの買付金額
  • 購入頻度(毎日・毎週・毎月)

この3つを指定できるので、条件に合えば、円預金から自動で買い付けされるような次第です。

いまの設定はこんな感じ

2019年1月9日から始めたのですが、

いまはこんな感じの設定です。

以前は、購入上限レートを105円台にしていたのですが、いま現在、平均積立レートが104.95円/USDなので、上記のような設定値としています。

買い付けはこんなルールで行われます

以下、住信SBI銀行サイトからの抜粋です。

  • 買付予定日の4:00以降に申込内容を変更した場合、変更内容は次回買付日から適用
  • 購入上限レートの判定レートは、当社外貨預金における買付日の8:30の為替レート

ですので、例えば上記の104.80円の場合は、8:30時点で、

103円でも102円台でも買い付けはされますが、104.81円の場合はされない

といった扱いになります。

 

①のFXはまあお遊ぼみたいなレベルなのでオススメはできるものではありませんが、

②の積み立ての方は、SBI証券に移して、株式・ETFのドル建て買付の資金にもできるので、

悪くないかもー

と感じた方は一度お試しでやってみても良いように思います。

 

以上、本日は、円高ドル安の際に、私個人が半自動やっているFX取引と、外貨積立についてご紹介させていただきました。